ベビーシッターの資格について

現在、日本において公的なベビーシッターの資格はありません。

ただし2016年4月より、個人で保育を行うものは都道府県知事等への届け出が義務化されました。

自治体への届け出について

今からフリーランス(個人)のベビーシッターとして活動されたい方は、自治体へ届け出さえすれば始めることができます。

ただし、とても大切な人の命を預かる仕事ですから、高い責任感が求められることは当然です。

なお、ベビーシッターとしての公的な資格はありませんが、ベビーシッターに近い業務に対する公的な資格は存在します。

例えば保育士資格、幼稚園教諭免許(各種)、小学校教諭免許、看護師資格、医師免許など。

また民間の資格もいろいろと存在します。

例えば公益社団法人全国保育サービス協会認定ベビーシッター、各種ベビーシッター講座卒業、チャイルドマインダー資格など。

comorinet(コモリネット)ではベビーシッターがお持ちの資格を登録することができますので、お客様はそれらの資格を参考にシッターを選ぶこともお勧めします。

ベビーシッターをされる方はできる限り、様々な勉強をしてスキルを高めたり、資格を取得することを目指していただくことをお勧めします。

2016年4月より、各自治体は個人の保育者向けに研修を行うことになりましたので、こちらの研修もできるだけ受講するようお願いします。

comorinet TOPへ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

「ベビーシッターの資格について」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です