保育料、どうやって決めたらいい?

ベビーシッターの直接契約の場合、保育料は面接時にお客様と話し合って決めていただくことになります。

でもある程度、目安となる金額を提示した方が話し合いやすくなります。

ではどうやって目安金額を決めればいいでしょうか。

個人のベビーシッターの場合、保育料の相場は1時間1000円程度が一般的です。

でも、もちろん条件によって異なるのは当然で、需要と供給のバランスで決まります。

以下のようなポイントで検討してみてください。

・ベビーシッターをする目的

ベビーシッターを名乗ってお子様の保育を行う以上、すべての方はプロとして責任をもって仕事をしていただく必要があります。

ただ、その仕事をする目的は人それぞれあってもいいと思います。

例えば・・・

生活費を稼ぎ生計を立てるため。

生活の基盤はあるが、金銭的な余裕を得るため。

保育の経験をつみたいから。

子どもが好きなので、常に子どもと触れ合っていたいから。

社会貢献として地域の子育てに参加したいから。

社会の一員として関わり続けたいから。

…などなど。

生活費を稼ぐためでしたら、高めの保育料を頂かないと生計は立てられないと思います。

一方、金銭というよりご自身の喜びや社会貢献のためでしたら、安めに設定された方が目的に合うかもしれません。

・訪問保育と家庭保育、どちらをメインとするか。

訪問保育とはお客様指定の場所での保育です。お客様のご自宅だったり、保育園等への送迎などを依頼されることも多くなります。

家庭保育とはベビーシッターが用意した場所でお子様の面倒を見る保育です。

訪問保育の場合、場合、保育時間中はそのお客様のお子様に完全にかかりきりになり、時間を拘束されます。

家庭保育の場合はご自身の日常への影響は比較的少なく、また同時に複数のご家庭のお子様を預かることもできます。

これらの特性を考えると、保育料は【 訪問保育 ≧ 家庭保育 】とされるのが妥当かと思います。

・資格の有無

当然ですが保育士資格や幼稚園教諭免許、看護師などの資格をお持ちですと、お客様にとっての安心材料になり、付加価値があります。

付加価値があるということは、若干高めの金額を希望されてもいいと思います。

・経験の有無

お客様にとって、ベビーシッターの保育経験が多いことは安心材料になります。まだ保育経験が少ない場合、低めの金額にすることでご依頼を受けやすくなり、経験を積むことにつながります。

・特技の有無

外国語が話せたり、音楽を教えられたり、離乳食を作るのが得意など、特技があれば付加価値があります。オプション料金として提示することも可能です。

・割増料金

基本保育料のほかに、条件によって割増料金を提示される方もいます。

例えば夜間・早朝料金○○円増し、兄弟1人追加ごとに○○%増、休日○○%増、1回3時間以内の場合、1時間当たり○○円増しなど。

・キャンセル料

予約に対するキャンセル料を設定することも可能です。

・交通費

交通費は実費をお客様から支給してもらうことをおすすめしますが、その限りではありません。

・金銭以外の方法での報酬

お客様から頂く報酬は、必ずしも金銭でないといけない、ということではありません。

特に生計を立てるというより、ご自身の喜びや社会貢献に重きを置かれている場合は、金銭以外の報酬を考えてみるのも面白いかもしれません。

ただし何の報酬もいらないというのは、責任感が薄れて勝手な対応をしてしまうおそれがあり、おすすめできません。

金銭に限る必要はありませんが、何らかの報酬は要求されるようお願いします。

以上のようなポイントを踏まえつつ、ご自身の希望保育料や報酬をお考えください。

よろしければコモリネットのベビーシッター検索で、他のシッターさんがどのように登録されているかを参考にされることもおすすめします。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です