他サービスとの料金比較

●他との料金比較

ベビーシッターサービスには現在、大きく分けて以下のように3タイプあります。

〇一般的な派遣型:ベビーシッターを自社スタッフとして抱え、会社としてベビーシッターを派遣するタイプ。

〇ハイブリッド型:一見、リーズナブルな派遣型サービスに見えるが、契約の主体は利用者とベビーシッターとの直接契約。会社は責任は負わないが予約・決済サービス等を提供する代わりに一定のマージンを取り続けるタイプ。

〇完全直接契約型:お客様とベビーシッターとの直接契約をサポートするサービス。保育契約成立後、会社は関与せず、依頼者とベビーシッター間で直接やり取りをしていくタイプ。

 

上記の3タイプのうち、コモリネットは完全直接契約型に含まれます。それぞれのタイプで、サービスには一長一短がありますが、料金面では断トツで完全直接契約型がお安くなります。

まず、首都圏でインターネット上で料金を公開している代表的な派遣型ベビーシッターサービス会社の代表的な料金です。

<一般的な派遣型ベビーシッターサービスの代表的な料金>

入会金
年会費

基本料金

夜間・早朝割増(プラス)
深夜割増(プラス)

休日割増(プラス)

20,000円

10,000円

2,500円
400円
800円
500円

 

 

 

次に、最近増えてきたハイブリッド型の代表的な料金です。

<ハイブリッド型の代表的な料金>

保育料
夜間・早朝割増(プラス) 手数料
1,500円
300円 10%

 

最後に、完全直接契約型であるコモリネットの料金はこちらです。

<コモリネットの代表的な料金>

紹介手数料
保育料
19,800円
1,000円(代表的な料金)

※消費税は省略しています。

以上を元に、 一般的なご依頼のケースで総額の比較をしてみると、次のようになります。

<例1>主に平日のご利用で、夕方〜ご両親の帰宅までのご利用が多いケース。

比較結果一覧
ご依頼条件
毎週月・水・金曜日の18時〜21時。2年間のご利用
一般的な派遣型の料金総額算出式※1
入会金+年会費×2年分+1回の保育料{(基本料金+夜間割増)×3時間}×週3回×1月4.3週×24ヶ月=2,733,520円
ハイブリッド型の料金総額算出式 1回の保育料{(保育料+夜間割増)×3時間×10%}×週3回×1月4.3週×24ヶ月=1,671,840円
コモリネットの料金総額算出式※2

紹介手数料+1回の保育料{保育料×3時間}×週3回×1月4.3週×24ヶ月=928,800円

差額(コモリネットがいくらお得か)
一般的な派遣型に対し、約180万円、ハイブリッド型に対し、約74万円安い
いつからコモリネットがお得になるか※3
一般的な派遣型に対し初日から、ハイブリッド型に対してもわずか9日目、4週目からコモリネットの方が安くなる

※1 一般的な会社が、特にオプション料金などを設定していない場合です。
※2 保育料は代表的な料金である1,000円とし、ベビーシッターが特に割増料金などを設定していないと仮定した場合です。
※3 入会金や紹介手数料などを加味した上で、いつからコモリネットのご利用料金が一般的な会社のご利用料金より安くなるかを算出しています。


<例2>たまには子育てから開放され、リフレッシュしたいという方のケース。

比較結果一覧
ご依頼条件
月2回、日曜日の9時〜20時。5年間のご利用
一般的な派遣型の料金総額算出式※1
入会金+年会費×5年分+1回の保育料{(最低料金+休日割増)×9時間+(最低料金+休日割増+夜間割増)×2時間}×月2回×60ヶ月=4,126,000円
ハイブリッド型の料金総額算出式 1回の保育料{保育料×9時間+(保育料+夜間割増)×2時間×10%}×月2回×60ヶ月=2,076,000円
コモリネットの料金総額算出式※2
紹介手数料+1回の保育料(代表的な料金×11時間)×月2回×60ヶ月=1,320,000円
差額(コモリネットがいくらお得か)
一般的な派遣型に対し、約280万円、ハイブリッド型に対し、約75万円安い
いつからコモリネットがお得になるか※3
一般的な派遣型に対し初日から、ハイブリッド型に対しても3日目でほぼ同じ、わずか4日目からコモリネットの方が安くなる

※1 一般的な会社が、特にオプション料金などを設定していない場合です。
※2 保育料は代表的な料金である1,000円とし、ベビーシッターが特に割増料金などを設定していないと仮定した場合です。
※3 入会金や紹介手数料などを加味した上で、いつからコモリネットのご利用料金が一般的な会社のご利用料金より安くなるかを算出しています。

<例3>保育園代わりにご利用のヘビーユーザーのケース。ただし1年間のみのご利用。

比較結果一覧
ご依頼条件
毎週月〜金、9時〜17時。1年間のご利用
一般的な派遣型の料金総額算出式※1
入会金+年会費×1年分+1回の保育料{最低料金×8時間)×週5回×1月4.3週×12ヶ月=5,190,000円
ハイブリッド型の料金総額算出式 1回の保育料{保育料×8時間×10%}×週5回×1月4.3週×12ヶ月=3,405,600円
コモリネットの料金総額算出式※2
紹介手数料+1回の保育料(代表的な料金×8時間)×週5回×1月4.3週×12ヶ月=2,064,000円
差額(コモリネットがいくらお得か)
一般的な派遣型に対し、約310万円、ハイブリッド型に対し、約135万円安い
いつからコモリネットがお得になるか※3
一般的な派遣型に対し初日から、ハイブリッド型に対してもわずか4日目からコモリネットの方が安くなる

※1 一般的な会社が、特にオプション料金などを設定しておらず、また月極めなどによる割引料金も設定していない場合です。
※2 保育料は代表的な料金である1,000円とし、ベビーシッターが特に割増料金や月極め割引などを設定していないと仮定した場合です。
※3 入会金や紹介手数料などを加味した上で、いつからコモリネットのご利用料金が一般的な会社のご利用料金より安くなるかを算出しています。

以上のように、一般的な派遣型のベビーシッターサービスはもちろんのこと、安いとみられている最近注目されているハイブリッド型に対しても、よほどの短期や単発でない限り、はるかに格安の料金となります。単発でのご利用でも、2回目、3回目のご利用の可能性があればコモリネットをご検討して頂いていいのではないでしょうか。

契約成立時、最初にお支払いいただく紹介手数料を少々高く感じられるかたもいらっしゃるかもしれませんが、それはあっという間に取り戻せてしまいます。

また、一般的な派遣型のサービスは上記の割増料金のほかにも、さまざまな料金が加算される事が多く、一見安そうに見えても結局はたくさん払ってしまった、というケースが少なくないでしょう。一方、コモリネットでは紹介手数料以外の料金はすべて利用者とベビーシッターとの直接の交渉で決定されるので、知らないうちに料金が加算されてしまう、などといった心配はありません。

以上のような理由で、料金面ではコモリネットは絶対的な自信を持っております。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です