こもりとは、未来を守ること。 こもりとは、未来を守ること。
ますはベビーシッター/キッズシッターを検索してみるますはベビーシッター/キッズシッターを検索してみる

ベビーシッター/キッズシッターマッチングサービスとは

ベビーシッター/キッズシッターマッチングサービス、comorinet(コモリネット)は子育てをするお客様とフリーランス(個人)のベビーシッター/キッズシッターとの直接保育契約をサポートするサービスです。
2002年に誕生した個人ベビーシッターのマッチングサービスのパイオニアである姉妹サービス、ベビーシッターCRADLE(クレイドル)を通して得たノウハウを元に、さらなる安全性と利便性を追求し誕生させました。
昔は家族ぐるみ、地域ぐるみで子育てをしていました。時代は変わっても、大切なことは同じはず。今にあった個人ベビーシッター/キッズシッターというカタチで子守りのネットワークづくりにお役に立てればと思います。
幼稚園、保育園勤務経験のあるベビーシッター/キッズシッター、保育士・幼稚園教諭免許などの資格を持ったベビーシッター/キッズシッターも多数登録されています。
みんなのチカラを合わせれば、子どもやお母さんの笑顔はきっと増えるはず。個人ベビーシッター/キッズシッターを上手にご利用ください。

comorinetはこんなベビーシッター/キッズシッターサービスです

とてもリーズナブルな保育が実現します。

 comorinet(コモリネット)は従来型のベビーシッター派遣サービスではありません。子育てをするお客様と、フリーランス(個人)のベビーシッター/キッズシッターとの直接契約をサポートする、個人ベビーシッター/キッズシッターのマッチングサービスです。
個人のベビーシッター/キッズシッターとの完全直接契約ですので、契約締結後は保育料へのマージンは一切かからず、自由で低料金の保育が実現します。
安さがすべてではないけれど、料金が高くては利用もできない。かつては経済的に余裕のある方しか利用できなかったベビーシッター/キッズシッターサービスも、どなたでもお気軽にご利用いただけるようになりました。

安全性と利便性を追求しました。

 comorinet(コモリネット)は2002年に誕生した姉妹サービス、ベビーシッターCRADLE(クレイドル)で得たノウハウを元に子どもの安全を第一に考え、様々な工夫を凝らしました。
例えばベビーシッター/キッズシッターがお持ちの身分証明書や資格証明書、自治体届け出済み証明書等を登録すれば、スタッフが確認してマークを表示します。独自の評価システムも導入しました。またメッセージのやり取りをスタッフが確認できることも安全策の一つです。
ご利用方法も直感的にわかるよう、こだわりました。
安全性と利便性を追求したベビーシッター/キッズシッターマッチングサイト、それがcomorinet(コモリネット)です。

ベビーシッター/キッズシッターにも安心頂けるサービスです。

 個人のベビーシッター/キッズシッターにとって、ちゃんと保育料をお支払い頂けるかどうかは重要なポイントです。直接契約では保育を実施したものの、お客様がベビーシッター/キッズシッターへなかなか保育料をお支払い頂けないというケースも時々あるようです。
comorinet(コモリネット)では契約の合意後、お客様からの紹介手数料のご入金を確認させて頂いてから、ベビーシッター/キッズシッター保育を開始して頂きます。このプロセスはお客様がちゃんと料金をお支払い頂ける方かどうかの目安になりますので、個人のベビーシッター/キッズシッターにとっても安心材料のひとつとなります。
<ベビーシッター/キッズシッター登録募集中>

こんな時にご利用下さい。

 ベビーシッターの利用目的は様々です。個人ベビーシッター/キッズシッターとの直接契約は保育にかかる料金が低く、リーズナブルな保育が実現しますので、気軽に様々なシーンでベビーシッター/キッズシッターをご利用下さい。例えばこんな時はいかがでしょう。
・披露宴への出席に・保育園の閉園からご両親の帰宅までの間の子守り
・習い事への送迎・ママのリフレッシュに・夫婦のデートの時に
・人見知り克服のための練習として・病時シッターとして・語学や趣味を教わることも
・子育ての相談相手として・家族ぐるみの人間関係づくりに・自宅で仕事をする際に

新着情報

  • 2017.06.26 自治体主催の研修の受講について
    平成28年4月より、個人の保育者向けに都道府県等による研修が実施されることになりました。コモリネットの登録ベビーシッター/キッズシッターは自治体研修を受講し、修了証明書を提出することとさせていただいております。ただし研修は自治体により開催時期がまちまちであり、自治体の受け入れ体制の事情もあると考えられるため、自治体から受講を案内されたら可能な限り受講するようお願いします(※自治体へ届け出を行っており、自治体が受け入れられる状態であれば案内をもらえることが多いようです)。修了証明書をスタッフが確認したら「自治体研修済」マークを表示します。
  • 2017.06.26 自治体への届け出について
    平成28年4月より、個人で保育を行うベビーシッター/キッズシッターは都道府県知事等への届け出が義務化されました。 また同様に、これまで届け出の対象外だった1日に保育する乳幼児の数が5人以下の認可外保育施設も届け出が必須となりました。コモリネットに登録されるベビーシッター/キッズシッターは、なるべく早く届け出を済ませてください。方法・窓口についてはお住いの市区町村役所へお問合せください。
    なおマイページより自治体届け出証画像をアップロードしていただければ、スタッフが確認して「自治体届出済」マークを表示します。
  • 2017.06.13 保育士証について
    保育士証をお持ちの方で、結婚などで苗字や本籍が変わった場合、新たな内容で再発行してもらう必要があります。
    そのような場合、保育士登録事務処理センターへご連絡いただき、手続きについてご相談ください。
    TEL:03-3262-1080

新着情報

  • 2017.06.26 自治体主催の研修の受講について
    平成28年4月より、個人の保育者向けに都道府県等による研修が実施されることになりました。コモリネットの登録ベビーシッター/キッズシッターは自治体研修を受講し、修了証明書を提出することとさせていただいております。ただし研修は自治体により開催時期がまちまちであり、自治体の受け入れ体制の事情もあると考えられるため、自治体から受講を案内されたら可能な限り受講するようお願いします(※自治体へ届け出を行っており、自治体が受け入れられる状態であれば案内をもらえることが多いようです)。修了証明書をスタッフが確認したら「自治体研修済」マークを表示します。
  • 2017.06.26 自治体への届け出について
    平成28年4月より、個人で保育を行うベビーシッター/キッズシッターは都道府県知事等への届け出が義務化されました。 また同様に、これまで届け出の対象外だった1日に保育する乳幼児の数が5人以下の認可外保育施設も届け出が必須となりました。コモリネットに登録されるベビーシッター/キッズシッターは、なるべく早く届け出を済ませてください。方法・窓口についてはお住いの市区町村役所へお問合せください。
    なおマイページより自治体届け出証画像をアップロードしていただければ、スタッフが確認して「自治体届出済」マークを表示します。
  • 2017.06.13 保育士証について
    保育士証をお持ちの方で、結婚などで苗字や本籍が変わった場合、新たな内容で再発行してもらう必要があります。
    そのような場合、保育士登録事務処理センターへご連絡いただき、手続きについてご相談ください。
    TEL:03-3262-1080

PAGE TOP